• HOME
  • 当医院について

新規導入機器

日帰り白内障手術などの新しい医療をいつもご提供できるよう、最新の機材を随時導入しています。

静的視野測定装置

最新の静的視野測定装置であるハンフリー フィールドアナライザー3を2015年に新型に更新しました。この装置により、患者様の前回検査の屈折値を自動的に読み込むことで、検査準備時間を短縮できるようになりました。患者様により快適に、診察をよりスムーズに行えるようになりました。静的視野測定装置


光学式眼軸長測定装置

従来の超音波式眼軸長測定装置に追加することにより、レーシック(屈折矯正手術)後に白内障になった方の手術にも応用でき、より正確な眼内レンズ度数計算が出来るようになりました。2012年に導入しました。

光学式眼軸長測定装置

超音波手術装置

米国アルコン社製の超音波白内障手術装置で、従来の縦発振に加え横発振もできる最新型を2011年に新規導入しました。

超音波手術装置


OCT

網膜病変の微細構造や緑内障性視神経変化を肉眼ではなく、コンピューター解析できる最新の機械を2010年に導入しました。

OCT


ページの先頭に戻る

採用情報

視能訓練士を随時募集中。 院内見学が可能です。 応募および詳細は、 武内眼科クリニックまで 直接ご連絡ください。

[応募の連絡先]
電話番号 : 0532-37-7373
(武内眼科クリニック)

詳細に

診療受付時間

 
8:30~
12:00
15:00~
18:30

土曜日 8:30~13:00
休診/日曜・祝日、水・土曜日の午後

詳細に

眼鏡/コンタクトレンズ
   について

各種コンタクトレンズを取り扱っています。最近は使い捨てソフトレンズを希望される方が約8割を占めております。当社では1日タイプ、2週間タイプを中心に乱視対応レンズ、遠近両用レンズなど一流メーカー品を取り揃えております。 

詳細に

携帯でのアクセス

武内眼科クリニック携帯サイト

左のQRコードで武内眼科クリニック携帯サイトをご覧ください。